人生に悩んだらこんな方法もあり!?占い師に相談してみよう

占いに関する情報サイト

>

占いは内容により使い分けが必要って本当?

命占とト占

命占とは、生年月日や出生時刻や出生地など変わる事がない情報を元に占うので、占いの答えもさほど変わらない場合が多いです。
命占の一種「占星術」は、性格診断や才能や恋愛傾向や人生の流れを読んだり、ハプニングなどを読んだり、星と星との相性や相手の性格傾向を探ったり、人生における節目や転機の時期や注意点などを探ったりするのに向いている占いで、人の気持ちを読んだり、その場で、すぐに答えを出せない場合があります。
ト占は、事前情報など一切必要なく、過去から未来までの全体的な流れを見るのに向いている占いで、タロット占いや易占いがト占の中に含まれています。
結果の予測をしたり断定的な判断をするには向かない占いです。

相占と霊占

相占とは、見た目や現在の状況を見て占います。
相占の一種「手相占い」は、手のひらに刻まれている線や肉のつき方やシワなどから性格や運勢などを分析する占いで、占う人や流派によって、右手や左手や爪の形や指の長さや指の節の形や指紋など見る場所が異なる事もあります。
手相は、一生同じではなく変化するので自分が望んでいる未来に少しでも近づくように良い手相にするため、ペンで線を書いたりマッサージしたりする場合もあります。
才能や運勢や結婚などの人生の転機を知りたい際には向いている占いですが、相手の気持ちを探ったりするには、向いていない占いです。
霊占とは、占う人の直感や霊感で占ったりするため基本的にどのような内容でも占う事ができます。


TOPへ戻る