人生に悩んだらこんな方法もあり!?占い師に相談してみよう

占いに関する情報サイト

>

占いの始まり

メジャーな占い

東洋系占いでは、四柱推命や風水や奇門遁甲や姓名判断や手相や人相や易や気学九星や六星占術や0学占術や宿曜占星術や血液型占いなどがあり、西洋系占いだと西洋星占術やタロットやトランプや水晶や霊感などがあります。
四柱推命は、中国占術の最高峰の占いで複雑で難しい占術方法で占いを行っていて、風水は、ここ最近主流になった占術で元々中国の「気」から考えられた占いで、気の通りをよくする事で運気が上がると言われていて、姓名判断は、名前の画数によって人の運勢を占うため芸能人などが、姓名判断をきっかけに改名し運気が上がることが多く、トランプ占いは、タロットと同じで様々な占い方法があり、占う人により、結果が異なります。

世界各国の変わった占い

ルーン占いは、1世紀頃からゲルマン人がルーン文字を使用した占いで、占い方法に決まりはありませんが主流の占い方は、ルーン文字が描かれているストーンを一つのバッグに入れて、その中からストーンを取り出し、決まった配置に並べていく方法で、この占い方法が主流になる前は、全部の石を布の上に放り投げて、意味を読む方法が主流でした。
ジプシー占いの始まりは、インドからヨーロッパへ自由に旅をしていたジプシーという人達は、良くないことが起こる事も多かったため、未来を知りたいという思いで真剣に占いをしていました。
ジプシー占いができたばかりの頃は、枝や木を使って占いをしていましたが今では、絵の描かれたカードを使用して占いをしていて、ジプシーカードがきっかけでタロットカードができました。


TOPへ戻る