人生に悩んだらこんな方法もあり!?占い師に相談してみよう

占いに関する情報サイト

占いの始まり

風水やトランプなどメジャーな占いを知っている方は多いと思いますが、世界各国にはちょっと変わった占いがあるのを知っていましたか?占いの種類をあまり知らない方向けにメジャーな占いから「え?こんな占いあるの!?」と驚く可能性が高い世界各国の面白い占いまで詳しくお話します。

占いの種類ってこんなにあるんです

占いと簡単にいっても「星占い」や「星座占い」など様々な種類があると思います。
占いの始まりは、古代メソポタミア文明で、占いの「うら」とは、漢字の「裏」は同じ意味で表に見えないものという意味です。
占いの「ない」とは、様々な説がありますが「心を縄のように綯う」という意味があります。
昔から日本では、占いが国の大切な事を動かすものとして使われてきました。
中国で行われていた占いの1つ「亀卜」というもので亀の甲羅を使った占いでした。
日本で占いが盛んになったのは、平安時代です。占いに頼って生活する人もおり、占いで生活全般を決めていたといっても過言ではない状況でした。
平安時代では、陰陽寮といった政府機関が設置されており、その機関で「行って良い事」や「行ってはダメな事」などを決めていました。
現代では、占いに全てを頼るほど重要視されてはいませんが、当時の占いは、とても大切なものでした。
このサイトは、メジャーな占いや世界各国の変わった占いの説明や電話占いや店舗での占い費用や命占とト占や相占と霊占に関する知識がない人向けの内容が多いですが、占いの基本的な情報や占いに関するマニアックな内容まで詳しく書かれていますので、占いに関する知識が豊富な人でもコラムを読む感覚で読んでみてくださいね。
自分の占ってほしい内容やどんなアドバイスが欲しいのか予算に合った占い方法は何かよく考えた上で占ってもらう方を選ぶ事をおすすめします。

費用ってやっぱり高い?

最近では店舗での占いばかりではなく電話やアプリやサイトを利用した占いが増えてきました。「占いをする際の費用が知りたい」と思っている方向けに店舗での占いの費用相場や電話での占い費用相場を詳しく調べてみましたので、店舗で直接占ってもらうのか電話で占ってもらうのか決める際の参考にしてみてくださいね。

占いは内容により使い分けが必要って本当?

占ってほしい内容によって占いの種類が異なる事を皆さんは知っていましたか?今回は、「命占」と「ト占」と「相占」と「霊占」について詳しくお話したいと思いますので、占ってほしい内容がすでに決まっていて、どの占いにしようか悩んでいる方は読んでみてくださいね。

TOPへ戻る